【複数?】動画配信サービスを併用するならどんな組み合わせがいい?

4K対応?動画配信(VOD)サービスを比較!高画質で楽しむならココ!

4K対応テレビを購入したら次は何をしたくなるか。

絶対、大画面で映画や海外ドラマを観てみたくなりませんか?

ですよね、観たくなりますよね。

動画配信サービスサイトでも4Kに対応した作品が増えてきています。

しかし、現段階ではまだすべての動画配信サービスが4K画質に対応しているわけではありません。

そしてまた4Kに対応している動画配信サービスでも、4Kに対応している作品数が多くはないんですよね。

そこで

人呼んでVODの鬼である

私が動画配信サービスの中で高画質で視聴できるところ、さらに4Kに対応しているところ。

また、どんな作品が4Kに対応しているのか?

画質に重きを置いて動画配信サービスを選ぶ際に注意するべきことを交えて記事にまとめました。

そもそも4Kって何?4K画質について説明

4K画質説明

4K画質をあらわすと上の画像のようになります。

おもな画質4種
  • SD画質(720×480)
  • HD画質(1280×720)
  • Full HD画質(1920×1080)
  • 4K画質(4096×2160)
動画配信サービスで配信されている動画はおもに上記4つの画質で提供されています。

それぞれの画質には数字で表されている部分がありますよね。

たとえば4K画質であれば、「4096×2160」の部分。

画像はとても小さな点のようなものの集合体でできています。

この小さな点を「ピクセル」や「ドット」という単位であらわすんですね。

ピクセルは色を含めた情報でドットは点の情報。画面になると解像度という言葉を使うことも。

以下の画像がSD画質のピクセルだとします。

SD画質ピクセル説明

SD画質(720×480)。横にピクセルが720個あり、縦にピクセルが480個あるのがSD画質。

SD画質は、720×480で345,600となり、1画面に345,600ピクセルあるということになります。

画像を見るとピクセルの点が大きく、すき間がありますよね。画像の抜けというか滑らかさを失う原因なんですね。

4K画質のピクセル説明

こちらの画像を4Kだとすると、とても小さなドットが画面いっぱいにすき間なく敷き詰められていますよね。

4K画質(4096×2160)はこのように表記されていて、4096×2160で8,847,360ピクセルになります。

小さな点(ピクセル)が画面に敷き詰められていますから、とても滑らかな画像・映像表現が可能なんですね。

以下、ぞれぞれの画質をザックリあらわすと
  1. SD画質:地デジ対応前くらいの画質(アナログ放送と地デジの中間くらいのイメージ)
  2. HD画質:地デジ画像と同等。もしくは少し劣るイメージの画質
  3. Full HD画質:HD画質より上。4K画質より下(ごめんなさいうまく表現できない笑)。
  4. 4K画質(4096×2160)画質音痴?な私でもハッキリわかる美しさ!

4K画質については何となく理解していただけたとして、問題はこの高スペックの画質を活かしてくれる動画配信サービスがあるのか?ですね。

しかし、注意点があるんですね。

4K画質など画質を基準に動画配信サービスを選ぶときの注意点

私は多くの動画配信サービスを利用していて、実感していることがあります。

それは各社が謳うスペックに
偽りはないものの、あくまで最良の条件が書いてあるだけで、必ずしも実態に即しているとはかぎりません。

サービスのスペック表には4K対応と書いてあっても注意が必要なんです。

たとえば、デジタルリマスターされていない昔のアニメはどうしても高画質で見られなかったりしますよね。

つまり、4Kで見られる作品に関して現状ではごくわずかです。

また、通信環境・状況によって
画質が切り替わるようにもなっているので、自身の通信環境が悪ければ通信速度の低下によって画質が劣化することも考慮してください。

画質だけを基準に動画配信サービスを選ぶと決断を後悔する可能性もあるので、画質+何かの要素も考慮したうえで判断した方がいいです。

画質に関する注意点まとめ
  • 動画配信サービスは何処も最高画質など、いい条件を書いてるから、鵜呑みにしないこと。
  • 4K対応と書いてあっても配信作品のごくわずかしか対応していなのが現状。
  • 通信環境・状況によっては高スペックなテレビの良さを発揮できない可能性あり。
  • 画質を頼りに選ぶと肝心の画質がガッカリの場合、選んだ決め手を失うことになる。
  • ガッカリ画質でも楽しめるように、もうひとつ選ぶポイント、判断する材料を持っておくといい。
  • たとえば作品の好みや、コスパが良さそうなど。
  • 以上のことからして、動画配信サービスの利用において画質にお金をかけるのはもったいない可能性はある。

4K画質(高画質対応)の動画配信サービス比較

数年前まで動画配信サービスでは、「SD画質(480p)かHD画質(720p)」が一般的だったんですね。

現在は、フルHD(1080p)や、4K UHD対応の動画配信サービスもあるので、比較表にまとめてみました。

動画配信サービス各社
対応最高画質の比較表
VOD
サービス名
対応する
最高画質
FOD
プレミアム
HD画質
Hulu
(フールー)
フルHD画質
dTV
(ディーティービー)
4K画質
U-NEXT
(ユーネクスト)
4K画質
ドルビービジョン
Netflix
(ネットフリックス)
ベーシックプラン
SD画質まで
スタンダードプラン
HD画質まで
プレミアムプラン
UHD/4K画質
Amazon
プライム・ビデオ
UHD/4K画質
Paravi
(パラビ)
HD画質
TSUTAYA TV HD画質
以下、特化型
動画配信サービス
dアニメストア
(アニメ特化)
HD画質
DAZN
(スポーツ特化)
画質設定なし
回線状況で変化
※体感HD画質くらい
ディズニー+
(旧ディズニーデラックス
ディズニー特化)
フルHD画質
DMM見放題
チャンネルライト
(アイドル・アダルト系特化)
HD画質
ゲオTV980
(アダルト特化)
HD画質

フルHD画質以上を条件として動画配信サービスをピックアップすると以下の6社になります。

画質のいいVODサービス6社
  1. Hulu(フールー) フルHD画質
  2. dTV UHD画質(4K)
  3. U-NEXT(ユーネクスト) UHD画質(4K)
  4. Netflix(ネットフリックス) UHD画質(4K)
  5. Amazonプライムビデオ UHD画質(4K)
  6. ディズニーデラックスフルHD画質

現状、動画配信サービスのなかで最高の画質を体験できるのは、ハッキリ言ってNetflix(ネットフリックス) UHD画質(4K)です。

実際視聴していて、スペックに忠実に再現されているなと感じていますし、画質から選ぶなら、一択という感じですね。

しかし、動画配信サービス6社でそれぞれ特徴もあるので紹介します。

Hulu(フールー) は最高フルHD画質まで。特徴は安く高画質なところ

基本のサービス情報は以下をタップ

Huluのサービス基本情報
月額料金(税込) 1,026円
無料おためし期間 2週間
総動画作品数 約60,000本以上
視聴方式
(配信方式)
見放題作品
+Huluストアにて
2020/6より都度課金作品の
配信開始
画質 フルHD画質
(ブルーレイ並み)
再生対応
デバイス
PC
スマートフォン
タブレット
テレビ
メディアプレイヤー
セットトップボックス
ゲーム機(PS4)
おもな支払い方法 クレジットカード
(一部デビットカード可)
PayPal
キャリア決済
(ドコモ払い
auかんたん決済
ソフトバンクまとめて支払い
ワイモバイルまとめて支払い)
iTunes Store決済
Huluチケット
ダウンロード機能
(オフライン視聴)
公式サイト Hulu公式サイト

Huluの最高画質はフルHD画質まで。

動画配信サービスの中でも中の上くらいの画質への対応でしょうか。

ただ個人的に感じているのはHuluを使っていてそれほど高画質だな、と思ったことはありません(笑)。

でも、画質が安定していて、他の動画配信サービスと比較して綺麗な方ではあります。

Huluの画質については通信環境にかなり影響を受けていると感じることもあり、Hulu公式が推奨しているネットワーク環境は以下のようになります。

再生デバイス Hulu公式推奨速度
スマートフォン/タブレット 3Mbps以上
パソコン 6Mbps以上
テレビ・ゲーム機  6Mbps以上

Netflixが提供する
通信速度を調べるサイトがあるのでこちらで通信速度を測定してみるのもいいかもしれません。

最高画質はフルHD画質までですが、スマホやタブレットで視聴することが多い人の場合は、何も問題ないですね。

Huluは安く高画質で見られるという特徴がある

Huluの特徴として「安く高画質で見られる」というのがあります。

Huluは安く高画質で見られるは本当?
他の動画配信サービスとの比較表
VOD
サービス名
月額料金
(税込)
画質
Hulu 1,026円 フルHD画質
Netflix ベーシックプラン
880円
SD画質まで
スタンダードプラン
1,320円
HD画質まで
プレミアムプラン
1,980円
UHD/4K画質
U-NEXT 2,189円 4K画質
ドルビービジョン

比較対象としてわかりやすいのはNetflixのスタンダードプラン。

ネトフリのスタンダードプランは月額料金1,320円でHD画質まで。

さらに上の4K画質になると月額料金約2,000円と高くなる。

一方、Huluは月額料金1,026円でHD画質より上のフルHD画質まで対応している。

こうして画質と料金面を比較してみると、「Huluは画質と月額料金がちょうどよさそう」と感じる人も多いのではないでしょうか。

Hulu画質の特徴と向ている人
  1. 安定した画質で、ある程度高水準の画質で楽しめるのが特徴
  2. 画質と月額料金のバランスが取れている動画配信サービスを探している人に向いている
  3. ドラマ(国内・海外ドラマ)が充実
  4. 地上波で放送された日テレ番組の見逃し配信に便利
  5. アニメの作品数は約700~800作品で、動画配信サービスの平均以上
  6. とくに弱いジャンルはなく、色々な種類の動画ジャンルを楽しみたい人に向いている

日テレ系ドラマの見逃し配信は強力。海外ドラマは配信が早いのが特徴。

小さなお子さんにはアンパンマンや親子で楽しめる戦隊ヒーローもの。

さらに大人も楽しめるHuluオリジナルドラマや、オリジナルストーリーなど、老若男女をとわずに誰でも楽しめる人気動画配信サービスです。

 

公式サイトをチェック

Huluを2週間無料体験する

無料体験期間中の解約で料金は一切発生しません

Netflix(ネットフリックス) UHD画質(4K)

Netflix

基本サービス情報は以下をタップ

Netflixの
サービス基本情報
月額料金(税込) 880円
~1980円
無料おためし期間 なし
総動画作品数 非公表
視聴方式
(配信方式)
完全見放題
画質 SD画質から
4K画質まで
再生対応
デバイス
PC
スマートフォン
タブレット
テレビ
メディアプレイヤー
セットトップボックス
ゲーム機(PS4など)
おもな支払い方法 クレジットカード
PayPal
キャリア決済
(ドコモ払い
auかんたん決済
ソフトバンクまとめて支払い
ワイモバイルまとめて支払い)
ダウンロード機能
(オフライン視聴)

動画配信サービスのなかで4K対応作品の数、画質自体がいちばん優れているのは、Netflixで間違いありません。

Netflixでは約330作品以上の動画が4Kに対応しています。

※基本的にはNetflixのオリジナルコンテンツは4Kに対応していると思ってください。

この数字は動画配信サービスのなかでダントツです。

Netflixには3つの料金プランがあり、プレミアムプランでないと4K作品を視聴することはできません。

Netflix画質と
月額料金の関係性
プラン名 月額料金(税込) 画質
ベーシックプラン 880円 SD画質まで
スタンダードプラン 1,320円 HD画質まで
プレミアムプラン 1,980円 HD/UHD/4K画質

Netflixの場合、高画質で見ようとすると、お値段が高くなってしまうんですね。

プレミアムプランは月額料金が1980円(税込)となっていて、動画配信サービスのなかでは高い部類になります。

家族との共有ができますから
たとえば兄弟で割り勘するなどすればコストは下げられるのですけどね。

でも、うまくできていますよね(笑)。

あの、マニアックな4K対応作品紹介していいすか?

netflix4K対応暖炉より

こちらに表示されているのはすべて4K対応作品です。そのなかで、「暖炉より」というのがアツい。

暖炉の映像を4Kで流しているんですけど、世界初(そりゃそうだよね)。

メラメラと揺れる炎とバチバチという音。

観ていると落ち着きますし、眠れないとき割と重宝します(笑)。

Netflix暖炉よりには「樺の木編」というのもあり、音に違いがあるような、ないような。

違いの分かる人はどうぞ。

マニアックなものを紹介しましたが、もちろん4K対応の映画や海外ドラマがもりだくさんです。

netflix4K対応作品

ブレイキングバッドやストレンジャーシングスなどの有名作品。

ドキュメンタリー作品である、私たちの地球という環境系映像は息を吞む美しさ。

300作品以上あるので割愛しますが、作品自体魅力的なものが多い。

評判の作品がゴロゴロ転がっていると感じています。

例えるなら大人の隠れ家てき動画配信サービスで、気付くと何故かNetflixアプリを起動している私がいたりします。

Netflix画質の特徴と向ている人
  1. 体感的にどのプランの画質でも綺麗に感じる動画配信サービス
  2. 高画質で見ようとする場合、プランをアップグレードする必要があり、月額料金が高くなる
  3. プレミアムプランを選んだとしてもすべての作品が4Kに対応しているわけではないので注意
  4. 洋画と海外ドラマのオリジナルコンテンツが魅力
  5. 逆に言うと一般的な作品のラインアップはイマイチなサービス
  6. アニメの作品数は約600作品。下記で紹介するアマプラと同等なので安くみたいならアマプラも検討に値する
  7. 2019年12月より無料体験ができなくなっているので注意
Hulu(フールー)とNetflix(ネットフリックス)どっちがいいか徹底比較

Netflixはいいとして、やっぱりHuluも気になるという人はこちら、Hulu(フールー)とNetflix(ネットフリックス)どっちがいいか徹底比較を合わせて読んでみてください。

NetflixとHulu2社に絞って画質だけではなく、さまざまな観点から比較しています。

 

無料体験がないので注意

Netflix公式

Netflix 4K対応機器

Netflixで配信されている動画を4K画質で視聴しようとする際、必要な対応機器は以下。

  • 4Kテレビ
  • Amazon Fire TV
  • PS 4
  • Apple TV
  • PC(4K対応モニター使用)

U-NEXTは最高4K画質対応!さらにドルビービジョンに対応開始

U-NEXT

基本サービス情報は以下をタップ

U-NEXTの
基本サービス情報
月額料金
(税込)
2,189円
無料
おためし期間
31日間
総動画配信数 約200,000本
視聴方式 見放題作品
+レンタル作品
おもな
支払い方法
クレジットカード
キャリア決済
(ドコモ払い
auかんたん決済
ソフトバンクまとめて支払い
ワイモバイルまとめて支払い)
U-NEXTカード/ギフトコード
再生
対応デバイス
パソコン
スマートフォン
タブレット
テレビ
セットトップボックス
ゲーム機(PS4)
最高画質 4K
ドルビービジョン
音質 ドルビーオーディオ
ドルビーアトモス
同時視聴 4台可能
ポイント付与 無料トライアルに登録時600pt
トライアル終了翌日1200pt
以後毎月1日1200pt
公式サイト U-NEXT公式

驚異的なリアルさで情景を感じられるような奥行きとディテールを表現するために、最大で1,000倍以上のコントラストを実現したドルビーが手掛ける独自のHDR規格です。

これまでテレビ等では見ることができなかった色が、現実世界の鮮やかさをとらえたなめらかな階調により、豊かなディテールの色合いで表現されます。

U-NEXTは国内の動画配信サービスとしては初めて、ハリウッドメジャースタジオ作品の「Dolby Vision®(ドルビービジョン)」による配信を開始しました。

引用元:U-NEXT公式ヘルプセンタードルビービジョンとは?の項より

ついにドルビービジョンに対応する国内の初の動画配信サービスが現れました。

しかし、U-NEXTの場合、現段階ではドルビービジョンに対応する作品および4K対応作品はそれほど多くありません。

2020/5/5日時点で約40作品が4K対応。ドルビービジョンに対応する映画は5作品ほどでした。

個人的にPS4を利用して見ているとき以外は、U-NEXTの画質に満足しています。

画質に関してはNetflixと同等、もしくは若干劣るかな~というのが体感ですね。

U-NEXTは見放題作品数NO.1の動画配信サービス。

とくに映画(洋画・邦画)ジャンルに強く、高画質で映画を見られるのはいいところです。

HuluとU-NEXTどっちがいい?比較してわかった違いから選ぼう

HuluとU-NEXTでどっちがいいのか?迷っている人は以下を参考にしてください。

公式サイトをチェック

無料期間中の解約で月額料金はいっさいかかりません

U-NEXT 4K対応機器

U-NEXTで配信されている動画を4K画質で視聴しようとする際、必要な対応機器は以下。

  • スマートフォン・タブレット(Android OS)
  • Amazon Fire TV
  • Amazon Fire TV Stick 4K
  • Android TV 機能搭載デバイス

※2020年2月時点

dTVは最高4K画質に対応するが、作品数は多くないので注意

dTVの基本情報
月額料金(税込) 550円
無料おためし期間 31日間
動画視聴方式 見放題(無料)+PPV(有料)
動画配信総本数 約12万本

画質から判断してdTVに加入される場合は注意してください。

現在(2019/11/1)、dTVで4Kに対応している作品は

  • 【LIVE】絢香レインボーロードTOUR 2015-2016 “一夜限りのMemorial Stage” 秘密の裏メニュー発動!!~道は続くよ~ Digest

1作品のみ。

【追記】2020/5/5

半年間くらいのスパンでdTVの4K対応動画の数をみてきましたが、時期によって本数は異なるものの、平均して3作品くらいだと思います。

dTVの4K対応作品を確認できるのはこちらdTV公式:4K画質対応作品

dTVも他の動画配信サービスと同じく、4K対応作品はまだまだこれから普及が待たれる状況です。

なので、dTVの利用を考えるた場合は画質ではなく、他の要素で判断した方が無難だと思います。

月額料金は税込み550円と動画配信サービスの中ではお手頃価格で気楽に楽しめるのが嬉しいところ。

韓国(韓流)ドラマに強く
韓国ドラマに限っては動画配信サービス選ぶ際、おすすめできるサービスです。

韓国ドラマ見放題?韓ドラを見るのにおすすめの動画配信サービス比較

韓国ドラマに興味のある人はこちら、韓国ドラマ見放題?韓ドラを見るのにおすすめの動画配信サービス比較を参考にしてください。

一部(PPV)有料作品があること。登録の際、dアカウントが必要であることが少し登録のハードルを上げるかもしれません。

dTV 4K対応機器

dTVで配信されている動画を4K画質で視聴しようとする際、必要な対応機器は以下。

  • 4Kテレビ
  • ドコモテレビターミナル
  • Amazon Fire TV
  • AN-NP40スマートフォン/タブレット
  • Xperia Z5 Premium SO-03H (OS 5.1/6.0/7.0)
  • Xperia XZ Premium SO-04J (OS 7.1/8.0/9)
  • Xperia XZ2 Premium SO-04K (OS 8.0/9)

Amazonプライムビデオ UHD画質(4K)

Amazonプライムビデオ4K対応作品

Amazonプライムビデオ UHD画質(4K)に16作品対応しています。

2020年5/5追記

Amazonプライム・ビデオも4K対応作品数の増減はそれほどなく、だいたい約15作品くらいをいったりきたりしている感じです。

年間プランとして一括払いをした際の料金は4,900円で、月額換算すると408円です。

お手頃価格でエンタメとしてプライム・ビデオを楽しみつつ、実用的な特典を利用することもできる。

なので、Amazonプライムビデオは、失敗しない、入って損をしない動画配信サービスと言えます。

学生であればPrime Studentに登録することで半額で利用でき、かつ無料お試し期間は6ヶ月間と長いため、さらにお手頃価格になります。

登録方法は通常の手続きよりひと手間かかるので、詳しくはこちら【学生用】Amazon Prime Studentに登録する方法【学割】を参考にしてください。

NetflixとAmazonプライム・ビデオではどっちがいいのか?迷っている人は以下を参考にしてください。

公式サイトをチェック

無料期間中の解約で料金はかかりません

Amazonプライムビデオ 4K対応機器

Amazonプライムビデオで配信されている動画を4K画質で視聴しようとする際、必要な対応機器は以下。

  • Amazon Fire TV 4K
  • PS4
  • Apple TV
  • Chromecast Ultra

この4つが4k対応機器になります。Android TV以外のモニターを利用している場合は上記のうちどれかが必要になります。

まとめ

最後に動画配信サービス各社の4K対応作品数の数を比較表にまとめました。

4K対応作品数
Hulu 4Kは0本
※フル画質まで対応のため
Netflix 約330作品以上
dTV 平均1~3作品くらい
U-NEXT 約40作品と増加傾向にある
Amazon
プライムビデオ
平均約15作品前後

本記事は2020年5月時点の情報です。
最新の配信状況につきましては各公式サイトでご確認ください。

動画配信サービス各社、4K画質に対応を始めています。

現状を踏まえると画質や4K対応作品が充実しているNetflixがおすすめ。

一時的に4K対応作品が減ることはあっても、長い目でみれば各社とも対応作品が増えていくのは間違いないですよね。

前述しましたが、画質だけでの判断ですと心もとないので、トータルとして自分にあった動画配信サービスなのかが大事です。