【複数?】動画配信サービスを併用するならどんな組み合わせがいい?

dTVは複数端末で同時視聴やログインは可能?登録デバイスは何台まで?

dTV(ディーティービー)は月額料金550円(税込)。

お手頃価格なdTVを複数端末でログインできたり、複数端末から同時視聴ができたりしたら、さらにお得に利用できますよね。

また、複数端末でログインできる場合は、家族で共有も可能なのか?なんて疑問も浮かんでくると思うんですね。

そこで

人呼んでVODの鬼である

私がdTVの同時視聴に関わることを記事にまとめました。

dTVは同一アカウントで何台までデバイスを登録できる?

dTVの1アカウント(1つの契約)で、何台までデバイスを登録できるのか?気になると思います。

同一アカウントで他のデバイスを使いログインできるのか、どうかが家族との共有や使い勝手に影響しますよね。

dTV公式画像dTVでは1つの契約で5台までデバイスを利用可能

dTV公式サイトよくある質問・お問い合わせによると、dTVでは1つの契約で5台までデバイスを利用登録ができます、とのこと。

dTVはマルチデバイスに対応していて、お父さんのスマホとタブレット、お母さんはテレビとスマホ。お子さんはスマホなど、計5台まで登録可能です。

注意点としてデバイスが5台登録してある状態で、さらにもう1台追加したい場合は、登録してあるデバイスを削除する必要があります。

削除して1台分の枠を空け、新たにデバイスを登録するようになります。

dTVデバイス登録方法

dTVにデバイスを登録するのに特別な操作は必要ありません。

好きなデバイスでdTVにログインして、動画を視聴することによって自動でデバイスが登録される仕組みです。

dTVに登録してあるデバイスの削除方法

dTVに登録できるデバイスの上限は5台まで。

また登録は動画を視聴するだけで登録されるので便利な反面、デバイスの登録上限にスグに達してしまう人もいるかもしれません。

このような場合はdTVに登録してあるデバイスを削除する必要があります。

dTVに登録してあるデバイスを削除する方法はかんたん3ステップ

登録デバイスの削除手順
  1. dTVのメニューからアカウントを選択
  2. アカウントのなかにあるデバイス管理を選択
  3. 削除するデバイスを選び選択

iPhone/iPadなどdTViOS版アプリを利用している人はトップ画面右下にある「その他」を選択し、アカウントのなかにある、利用中のデバイスから削除可能です。

デバイスの削除方法iPhone

お使いになっている端末、またはアプリのバーション。もしくはAndroid/iOSなどによって、表示や手順が若干異なります。

登録してあるデバイスを削除する画像

解除するボタンを選択して登録してあるデバイスを削除してください。

異なるデバイスで同時ログインは可能?

登録できるデバイスは5台までありますから、そうすると異なるデバイスで同時にdTVにログインするケースもあると思います。

異なるデバイスを利用して同時にdTVにログインすることは可能です。

お父さんがパソコンでログインする、と同時にお子さんがスマホでログインすることができるんですね。

dTVは複数端末で同時視聴(同タイミングで再生)可能?

dTVではデバイスを5台まで登録でき、しかも複数端末から同時にログインすることもできる。

そうなると同時視聴(同時再生)ができるのか知りたくなると思います。

dTVで複数端末を利用して同時視聴ができるのか

実際に同時に動画を再生して視聴できるのか検証してみました。

検証方法は以下

  • まず初めにPCからdTV公式ウェブサイトにログインして動画を再生しておく。
  • 続いてiPadを利用してdTVアプリを起動し、動画を再生してみました。

PCとiPadで同時に再生するので、複数端末の条件は満たしています。あとは実際に視聴できるかですね。

同時視聴するとエラーになる画像

同時視聴をしようとするとエラーのポップアップが出現して「他のデバイス端末で視聴されているめ同時に視聴できません。」のメッセージが。

念のため、今度は逆のパターンで検証したところ同時視聴ができてしまったんですね。

dTVで同時視聴ができた

上で述べた手順

  • まず初めにPCからdTV公式ウェブサイトにログインして動画を再生しておく。
  • 続いてdTVアプリを起動し、動画を再生してみました。

上記パターンと逆のパターンdTVアプリで動画を再生したのち、パソコンで動画を再生という順番です。

この手順では同時視聴(同タイミングで再生)ができました。

じつはできてしまった、という表現が正しいかもしれません。

それはdTV公式ウェブサイトの利用規約を読むと以下のようになっているからなんですね。

dTV公式の利用規約では同時視聴を禁止している?

dTV公式の利用規約では同時視聴を禁止している画像

複数の登録端末から同時に本コンテンツを視聴できません。

引用元:dTV公式サイト第7条8項より

dTV公式の利用規約、第7条8項には同時視聴ができません、と表記されています。

赤信号も物理的には渡ることはできるのと同じく、同時視聴も何らかの条件次第ではできても、利用規約によるとしてはいけない、ということですね。

同時視聴制限解除の方法としてダウンロード機能は有効?

動画配信サービスを使い慣れた人はピンときたかもしれません。

ダウンロード機能を利用すると
通常の再生方式であるストリーミング再生とは違い、オフライン再生になるから、同時視聴制限を解除できるのでは?

確かに他の動画配信サービスではこれができるんですよね。

ストリーミング再生+ダウンロードした動画をオフライン再生することで同時視聴が2台まで可能になる(Huluではこれが可能)。

しかし、dTVではこの方法が利用できません。あらかじめダウンロードした動画を再生する際、会員状態の確認が行われるためなんですね。

同時視聴が可能で家族や複数人利用に向く動画配信サービス

dTVは同時視聴制限が厳しく、家族など複数人で利用するのに向きません。

これからdTVに加入しようか検討している段階で同時視聴数を調べていたのなら、他の動画配信サービスを検討した方がいいです。

dTVは月額料金550円(税込)と安価で魅力的なサービスに見えますが、この価格は共有利用が難しく完全に1人あたりの価格。

他の動画配信サービスでは月額料金は高くなるところが多いですが、同時視聴数や共有する際に便利な機能を兼ね備えているところが多いんですね。

そのため、複数人で満足に共有利用でき月額料金を割れるので、ひとりあたりの月額料金はむしろdTVより安く利用できることになるケースもあります。

また、dTVの場合、共有利用しようとするとdアカウントの情報を共有する必要があります。

そして、レンタル作品(個別課金作品)の購入を制限することができないため、勝手に購入される危険もある。

請求先はdTVを契約した人になってしまう。このような理由から複数人で利用するのはおすすめしません。

詳しくはこちら、【家族向け】共有可能、複数端末で同時視聴が可能な動画配信サービス比較!を参考にしてください。

まとめ

dTV同時視聴まとめ
  • 同一アカウント、1アカウントで5台までデバイスを登録できる
  • 複数デバイスで同時にログインすることは可能
  • しかし、複数デバイスで同時視聴はできない
  • 何らかの条件次第で同時視聴は物理的にできるが、利用規約により禁じられている
  • 同時視聴時の優先順位は先に再生した端末の動画が止まり、後から再生した端末の動画はそのまま再生される
  • dTVではダウンロードした動画を再生しても同時視聴の制限を回避できない
dTVとAmazonプライム・ビデオを比較!違いからどっちがいいのかわかる

dTVと同じくらいの価格帯で動画配信サービスを探している人はこちら、dTVとAmazonプライム・ビデオを比較!どっちがおすすめ?【2020年】を参考にしてください。

Amazonプライム・ビデオなら、dTVとは違い同時視聴が可能なので、共有して家族で楽しむことも簡単に行えます。