【複数?】動画配信サービスを併用するならどんな組み合わせがいい?

dTVとdアニメストアの違いは?アニメ目的なら利用するサービスに注意!

dTVとdアニメストアは別々のサービス。

しかし、dTVとdアニメストアの具体的な違いについてわからない人は多いと思います。

じつは両社の違いは結構大きいんですね。

dTVとdアニメストアでは、どっちがいいのか?迷っている場合は注意が必要。

とくにアニメを目的として選ぶときは、アニメの作品数に大きな違いがあるので加入する方を間違えないようにしましょう。

dTVとdアニメストアをアニメ目的で選ぶなら?結論
  1. 低価格でアニメをタップリ楽しみたいなら、アニメが約500作品のdTVではなく、約3,200作品あるdアニメストアを利用する
  2. 低価格でアニメを含め、他のジャンルの動画も楽しみたいなら、dTVを利用する

結論は以上。

とはいえ、

疑問etc.
  • dTVとdアニメストアに両方加入したら、セット割引はある?
  • ドコモユーザー以外も利用できる?
  • それぞれの月額料金はいくらなの?

などなど、さまざまな疑問があるのではないでしょうか。

そこで

人呼んでVODの鬼である

私がdTVとdアニメストアの違いを比較しながら紹介していきます。

dTVとdアニメストアの違いはどこ?比較して把握しよう

ここではまず、dTVとdアニメストアの違いを理解するために、基本となるサービス情報を比較表にまとめました。

dTVとdアニメストアの
サービス内容の違い比較表
項目 dTV dアニメ
ストア
月額料金(税込) 550円 440円
無料お試し期間 31日間 31日間
総動画配信本数 約120,000本 約3,700本
視聴方式
(配信方式)
見放題作品
+レンタル作品
見放題作品
+レンタル作品
支払い方法 クレジットカード
ドコモケータイ払い
クレジットカード
ドコモケータイ払い
おもな再生対応
デバイス
PC
スマホ
タブレット
スマートテレビ
ストリーミング端末
(Fire TV Stick)など
PC
スマホ
タブレット
スマートテレビ
ストリーミング端末
(Fire TV Stick)など
PS4対応の有無 ×非対応 ×非対応
ダウンロード機能
(オフライン視聴)
同時視聴数 1 1
ドコモユーザー
以外も
利用可能
登録時に
必要なもの※1
dアカウント dアカウント

※1 dアカウントは、ドコモユーザー以外でも各(dTV、dアニメストア)の登録手続き時に無料で作成可能。

こうしてサービス内容を比較してみると、大きく違うのは動画配信本数くらいのものですよね。

基本的なサービスを比較してみると似ているので違いを調べてみたくなるのは確かにそうだなという感じ。

dTVとdアニメストアの違い
  • 月額料金
  • 動画配信本数

動画配信本数については違いが大きいです。また、これら以外のところにも違いがあるんです。

dTVとdアニメストアは料金面に違いがある

dTVとdアニメストアの
月額料金比較表
VOD
サービス名
月額料金(税込)
dTV 550円
dアニメストア 440円

動画配信サービスの平均月額料金は約1,000円くらいですから、dTV,dアニメストアともに月額料金としてはお手ごろ価格ですよね。

しかし、料金に関連することとして、レンタル作品(個別課金作品)の本数、割合には違いがあります。

dTVとdアニメストアでは、レンタル作品(課金作品)の割合に違いがある

dTVとdアニメストアではレンタル作品の数に違いがあります。

dTVはdアニメストアと比較してレンタル作品(課金作品)が多めです。

新作映画や海外ドラマなどにレンタル作品が多い。

月額料金に惹かれて加入したもののレンタル作品が多くて、課金してまでは見たくない。

結果として「見るものがない」。よくあることなので注意が必要です。

 

一方、dアニメストアは約3,500作品のうち、レンタル作品(個別課金作品)は約60作品くらいしかありません。

dアニメストアを利用する場合は、「ほぼ月額料金内で楽しめる」可能性が高いですね。

dTVとdアニメストア料金面の違いまとめ
  • dTVとdアニメストアでは月額料金にはさほど違いはない
  • レンタル作品(個別課金作品)数に違いがあるので、結果としてdTVの方が利用料金が高くなる可能性がある

dTVとdアニメストアの大きな違いは動画配信本数と、その中身にある

dTVに加入する際は、注意して欲しいことがあるんですね。

個人的には、よほどの理由がない限り利用はおすすめしません。

理由としては、動画配信本数12万本となっていますが、その中身はほとんど音楽関連だから。

dTVとdアニメストアの動画コンテンツ割合 図解

dTVは動画配信本数12万本のうち、大半が音楽関連の動画コンテンツが占めています。

dTV カラオケ動画の本数 dTV ライブ動画の本数

カラオケ動画とライブ映像、これら音楽関連の動画が約8万本ほどあります。

dTVの場合、12万本のうち8万本くらいが音楽関連で、約66.6%を占めているとなると、それほど万人受けするサービスではないと思います。

音楽関連の動画を見たい人や、ある特定のドラマや映画、アニメなどを見たい時に利用するのがおすすめの利用方法となります。

一方、dアニメストアの配信作品数は約3,700作品ほど。

配信作品のほとんどがアニメに関連した作品のみ。

ですから、アニメが好きではない人に、dアニメストアの利用はおすすめできません。

dTVとdアニメストアのアニメ作品数の違いを比較

dTVとdアニメストアで迷っている場合、とくに注意して欲しいのがアニメを目的として選ぶ場合です。

まず、配信されているアニメ作品数に大きな違いがあるんですね。

dTVとdアニメストアの
アニメ作品数の違い比較表
VOD
サービス名
総アニメ
配信作品数
アニメの
見放題作品数
dTV 約500作品 約400作品
dアニメストア 約3,700作品 約3,650作品

dTVとdアニメストアでは、配信されているアニメ作品数に約7倍の違いがあります。

また、dTVは配信されているアニメ作品数に占めるレンタル作品(個別課金作品)の割合が高いんですよね。

アニメを目的として選ぶなら、アニメ作品数が豊富なので間違いなくdアニメストアをおすすめします。

dTVとdアニメストアのアニメジャンルにおける傾向の違い

dTVとdアニメストアのアニメジャンルには傾向や特徴があります。

dTVアニメの傾向
  • いないいないばあっ!
  • アンパンマン
  • ドラえもん
  • クレヨンしんちゃん

dTVはアニメジャンルに特徴があり、傾向として子供(キッズ)向けアニメの配信が多い。

つまり、小さなお子さんの居る家庭で、子供向けに月額料金が安いサービスを探している人に向いているんですね。

子供向けアニメが多いということは、大人向けアニメが少ないということになります。

dアニメストアのアニメ傾向
  • 地上波で放送中のアニメの見逃し配信が多い
  • 大人向けアニメが多い

dアニメストアは地上波で放送中のアニメの見逃し配信が豊富です。

アニメを見るためにわざわざ眠い目をこすって夜中まで起きている必要はありません。

放送中のアニメを見逃してしまっても、いつでも好きな時にアニメを楽しむことが可能です。

dアニメストアという名前から子供向けアニメが充実している印象を受けるかもしれません。

しかし、dTVとの違いは子供向けアニメが少ないところです。

小さなお子さんのために月額料金が手ごろで子供向けアニメが充実しているサービスを探しているなら、dTVの方を選びましょう。

dTVとdアニメストアの両方に加入してもセット割引は適用されない

dTVに加入しているユーザーの多くが、dアニメストアにも加入するとセット割引になる?

と疑問を持たれている人が多いと思います。

たとえば、dTVとDAZNに加入するとセット割引になりますよね。

dTVと○○セット割引の対象
  • dTVとdTVチャンネル
  • dTVとDAZN for Docomo

しかし、dTVとdアニメストアの両方に加入してもセット割引は適用されませんので、注意してください。

dTVとdアニメストアはどんな人に向いている?

dTVとdアニメストアの両社に共通する向いている人として、手軽に動画配信サービスを利用したい人に向いています。

両社とも動画配信サービスの平均月額料金より安いので、手軽に動画配信サービスを利用してみたい人におすすめです。

また、両社とも初回登録に限り、31日間無料で利用できるお試し期間が設定されています。

自分にサービスが合わないと感じたら、無料お試し期間中に解約をすことで月額料金は発生せず、無料で利用できるんですね。

dTVとdアニメストアのどちらかが気になったら、お気軽にお試ししてみてください。

dTVに向いている人

dTVに向いている人
  1. 映画やドラマ、アニメなどをお手頃価格で気軽に楽しめる動画配信サービスを探している人に向いている
  2. カラオケ動画でストレスを発散したい人に向いている
  3. エイベックス系アーティストのライブ動画が豊富なので、好きな人には向いている
  4. アニメはキッズ向けなので、小さなお子さんのいる家庭に向いている
  5. 韓ドラを手ごろな料金で見られるサービスを探している人に向いている

映画やドラマ、アニメをソコソコ楽しめる動画配信サービスなのがdTVです。

他の動画配信サービスと比較すると、音楽関連の動画が大半を占めるため、一般的な動画作品は多くありません。

しかし、利用してみると安価なわりに「結構見られるじゃん」と感じると思います。

 

音楽関連のなかでもカラオケ動画は豊富なので、お家でヒトカラをしてストレス発散。

もしくは家族とカラオケで盛り上がる、なんていうのもアリかもしれません。

エイベックス系のライブ動画も豊富ですから、ファンには嬉しいのではないでしょうか。

 

dTVは動画配信サービスのなかでも韓国ドラマならおすすめできるサービスです。

お手頃な月額料金でキュンキュンできるんですよね。。

しかし、注意点もあるんですね。

dTV韓国ドラマの注意点
  • 韓国ドラマの作品数は減少傾向
  • 時代劇は少ない
  • 人気作品にレンタル作品(個別課金作品)が多い
  • 少し古めの作品が多い

依然として韓国ドラマを安く見るなら、おすすめできますが、加入まえに作品数をよく確認するようにしましょう。

韓国ドラマにおすすめの動画配信サービスを探している人はdTVを利用するまえに、U-NEXTが充実しているので念のため公式サイトをチェックしてみてください。

公式サイトはこちらU-NEXT

dTV公式サイト31日間無料お試しはこちら

dアニメストアに向いている人

dアニメストアに向いている人
  1. 手頃で気楽に楽しめるアニメが充実している動画配信サービスを探している人
  2. アニメが大好きな人
  3. なかでも深夜放送の大人向けアニメが好きな人
  4. 2.5次元舞台・ミュージカルが大好きな人
  5. とくに刀剣乱舞(刀ステ・刀ミュ)が好きなら迷わずdアニメストア

dアニメストアは動画配信サービスのなかでU-NEXTと1.2を争うほどアニメ作品数が多い。

U-NEXTは月額料金税込み2,189円。

dアニメストアは月額料金税込み440円のアニメに特化したサービスです。

お手頃価格でアニメを存分に楽しめるのでとても人気があるんですよね。

ひとつ注意して欲しいのは、キッズ向けアニメはそれほど多くないので注意してください。

2.5次元舞台・ミュージカルが大好きな人

2.5次元舞台・ミュージカルとは、アニメや漫画、ゲームなどが原作のものを舞台化・ミュージカル化した作品です。

近年、盛り上がりをみせていて、人気上昇中なんですよね。

この作品をdアニメストアで見られるメリットとしてコスパがいいことが挙げられます。

2.5次元舞台・ミュージカルのチケットはなかなか高価です。

また、DVDもなかなかお値段が張るんですよね。

しかし、dアニメストアなら、月額料金440円で見放題できるというのが、かなりお得なんです。

なので、ファンの人はdアニメストアを利用するとかなり満足感を得られると思います。

特に刀剣乱舞(刀ステ・刀ミュ)をみたい人に、dアニメストアはおすすめです。

公式サイトをチェック

無料期間内の解約で月額料金は一切発生しません

まとめ

dTVとdアニメストアにはかなりの違いがありましたよね。

とくにアニメ目的の人は選ぶサービスに注意してください。

どちらのサービスも無料お試しができるので利用してみてください。

地上波とは違いCMで待たされたりしないので、快適に動画を視聴することができ、楽しめると思います。

まとめ
  • dTVは映画やドラマなども見られるが音楽関連が多い
  • dアニメストアはアニメ関連コンテンツに特化したサービス
  • dTVとdアニメストア両方に加入してもセット割引はない
それぞれ公式サイト