【複数?】動画配信サービスを併用するならどんな組み合わせがいい?

DAZN自転車競技(ロードレース)の魅力とは?番組表と配信予定

私はぶっちゃけると自転車競技に関して好きではなく、詳しくもなかったです(笑)。

長い距離を隊列(チーム)を組み、風を受ける人を変えながら、助け合いながら走る。

このくらいの認識はありました。

もちろん、競技者の凄さは何となく伝わってくるし、凄いな~と関心しながら見ていました。

でも、大して好きでなかった。

個人的にスポーツには高揚感のようなものを求める傾向があって、どうしても自転車競技ではテンションが上がらなかったんですよね。

そんな私が今ではDAZNで自転車競技を見ているんですね。なぜ、そうなったのか?

そもそもDAZNでなぜ?自転車競技(ロードレース)が中継されているのか?

DAZNは外資系企業で、英国の元パフォーム・グループ(※1)が提供するネット配信サービスです。

※1現在では名称が変更されブランド名を「DAZN Group(ダゾーン・グループ)」に。

ヨーロッパでは特に自転車競技の人気があり、ロードレースで活躍するクリストファー・フルームという選手の年間契約は500万ユーロ(およそ6億5000万円)ほど。

年俸の高さが示す通り、競技として需要がある。外資系企業であるDAZNで自転車ロードレースを中継するのは必然と言えるでしょう。

Image by Brigitte Ferauge from Pixabay

自転車競技の魅力とは?好きでもない私が自転車競技を見るキッカケ

普段はサッカー、野球、テニスをおもに見ていました。DAZNに加入した目的はそれしかない、と言えるくらいです。

自転車競技を見るキッカケは、サッカーがオフシーズンに突入したとき。サッカーのオフシーズンはおもに夏なんですね。暑いですから、90分間も走るのは大変です。

う~ん、サッカー中継がないとなると、「見る物ない」。

こんなとき、ふと自転車競技を見てみようかと。「せっかくDAZNに加入しているんだから、見ないと損じゃん」、こんな感じのノリ。貧乏性なんですかね(笑)。

これが自転車競技の中継にハマるキッカケだったんですよ。

自転車競技がおもに開催される場所

自転車競技はおもにフランス、イタリア、イギリスなど、ヨーロッパを主戦場としています。

自転車競技は公道を走るんですね。
公道を走るため、行政や市民などの理解と協力がなければ成り立たない競技と言えるでしょう。

ヨーロッパでは人気があるから文化として根付いているし、だから行政や市民の協力が得られるとも言えそう。

日本と比較して単純に道路が広い、人口密度が低い、なんてこともありますかね。

私が自転車競技を好きになったポイントとして、「公道を走る」というのが大きな理由なんですね。

自転車競技を見て思うフランス=パリではない

雑誌やテレビのフランス特集をみるとフランスのなかでは、やはりパリがクローズアップされることが多い。

多くの人はパリに行った事がなくても、パリに行った事があると錯覚するほどパリをイメージする事が出来ると思う。

DAZNの自転車競技を見て感じるのはフランスってこんな感じなんだと改めて気付かされる。

パリではないフランスを知ることができるんですね。

公道を走る訳ですが、それは山あり谷ありと言った感じ。街中から山道まで走るコースは幅広い。

見たこともない景色しはとても新鮮で興味を惹かれるもの。そうこうしているうちに「あれ、これってどこかで体験したような感覚!?」となるんですね。

Image by Alexas_Fotos from Pixabay

DAZNの自転車競技を見ていると、まるで世界の車窓からと錯覚する

DAZNの自転車競技中継を見ていると、あれ?なんかこの感じ見たことあるような気がする……

ふと頭に浮かぶのは、世界の車窓からだった。

世界の車窓からとは?
一部テレビ朝日系列局・BS朝日ほかで1987年6月1日から放送されているミニ紀行番組。メインは電車の車窓から見える風景を映したコンテンツ。

自転車競技中継では自転車でヨーロッパの田舎をツアーすることになる。聞いたことも見たこともない田舎をカメラが映し出す。

この中継映像がまるで世界の車窓からみたいなんですね。

DAZNの自転車競技中継におけるカメラアングルの良さ

DAZNの自転車競技中継では、選手と同じような目線のカメラアングルが採用されています。

電車の窓から風景を覗いているような感覚を与えられることに繋がり、このカメラアングルが世界の車窓から感を演出するんですね。

もちろん、選手の目線だけではなく、前、後ろ、上、横からのカメラアングルもあります。

DAZNの自転車競技中継ってのは、観光案内であり道先案内なんだよ

競技者としては観光案内どころではないでしょう。必死ですよ、そりゃもう大変。

しかし、観戦者側から俯瞰して目に飛び込んでくる情報を整理し見ていると、これはもう観光案内であり道先案内人。

山沿いの道から、山のなかに突入する。
しばらく永遠と緑に覆われた道を走ると、パッと目に飛び込んでくるのは、数百年前に建てられたであろうヨーロッパの屋敷の姿。

他にもたくさんある「おーこんなところにヤギ出てきてワロタww」とか、沿道に集まる観衆のファッション。空撮されたときの街並み全体などなど。

グーグルストリートビューもいいけど負けてないね。自転車競技者がまだ見ぬ知らない世界を案内してくれる。

DAZN自転車競技の番組表

DAZN自転車競技の番組表

自転車競技の番組表をみるとこのようになっていてコンテンツも豊富。

見逃し配信や、まもなく配信といったお知らせ。

さらに自転車競技について詳しくない人向けに解説を交えながら行われたロードレースを振り返る企画などもあります。

また、ロードレースは中継時間が長いのでハイライトがあるのも嬉しいですね。今後の放送予定もあります。

DAZN自転車競技(ロードレース)配信予定2019年10月以降

DAZN自転車競技(ロードレース)配信予定を2019年10月以降分からまとめます。

2019年10月ロードレース配信予定

2019年10月ロードレース配信予定

  • UCIヨーロッパツアー:ツール・ド・ユーロメトロポール10月7日配信予定
  • UCIヨーロッパツアー:ツール・ド・ヴァンデ10月7日月曜日配信予定
  • UCIヨーロッパツアー:バンシュ~シメイ~バンシュ10月8日22時00配信予定
  • UCIヨーロッパツアー:ミラノ~トリノ10月9日21時45分配信予定
  • UCIアジアツアー:太湖:初日10月10日11時00配信予定
  • UCIヨーロッパツアー:グランピエモンテ10月10日21時45分配信予定
  • UCIアジアツアー:太湖:3日目10月12日12時00配信予定
  • UCIヨーロッパツアー:イル・ロンバルディア10月12日21時20分配信予定
  • UCIアジアツアー:太湖:5日目10月14日12時00配信予定
  • UCIアジアツアー:太湖:6日目10月15日11時00配信予定
以降も配信予定が判明次第、追記・修正を行っていきます。

DAZNで自転車競技をこんな人に見てほしい

  • 疲れている人
  • 眠れない人
  • 時間を無駄に、贅沢に使いたい人
  • ヨーロッパに旅行が決まっている人
  • 旅行先を探している人

仕事や時間に追われ、日常というある種決まった範囲での生活を送っている人に見てほしい。疲れているだろうし、仕事や時間、悩みに苛まれ眠れない夜もあると思う。

なぜ、このような人にDAZNの自転車競技中継がおすすめなのかは、中継を見ている時間は非日常だから。

前述したように、自転車競技の中継は観光のようなもの。まだ見ぬ世界、知らない世界をみることで観光を疑似体験できる。

観光のおもな目的は非日常性を味わえるところだと思う。

あくまで疑似体験に過ぎないが、自転車競技中継は観光であり、非日常を簡単に手に入れることができる。

また、手に汗握ってじっと凝視しなくてはならないスポーツと違い、マッタリ観戦できるのもいいところ。

途中でトイレにいくことも余裕だし、溜まった洗濯物を片付けながらみる事だって出来る。

中継中に目を離しても問題ないということは、休日に趣味の読書をしながらでもいいと思う。

この時間の使い方はかなり贅沢。

時間を意識して無駄に使う、贅沢に使うことも現代人には必要かと。忙しいし、ストレスフルな生活だからね。

自転車競技はヨーロッパが主戦場だから、ヨーロッパに旅行を決めた人は旅行のイメージを膨らませるために見るのもいいと思う。

また、何処かに行きたいと旅行先を考えている人も旅先を探すヒントになるかもしれません。

Image by santiagotorrescl95 from Pixabay

DAZN自転車競技(ロードレース)のまとめ

選手の頑張りやチームワークの妙のようなものを見て、スポーツとして競技として楽しむ。

さらに世界の車窓からのようにまだ見ぬ世界、見知らぬ世界を疑似体験しているような感覚を楽しむ。

DAZNの自転車競技中継で非日常という世界を味わい、ちょっとした冒険を手にいれることが可能になるかもしれません。

DAZNに興味がある人は、DAZN登録方法を合わせて読んでみてください。

DAZNで配信されている自転車競技以外のスポーツを知りたい人はこちら、DAZNで見れるもの、スポーツ一覧とDAZNでしか見られないものを参考にしてください。